デンマークの看護学生研修団が来学しました

デンマークの看護学生研修団が来学しました

医短デンマーク研修団 (2) 本学が国際交流協定を結ぶデンマークのVIAユニバーシティカレッジの看護学生18名と教職員4名が来日し、4月11日から17日まで、本学を拠点とした看護研修を行いました。本学では開学以来、毎年夏にデンマーク看護研修を実施し、同カレッジとの交流を続けています。2000年に国際交流協定を締結し、学術情報の共有や共同研究を行うなど積極的な協力関係を築いてきました。

医短デンマーク研修団 (4)

 

 

 

研修団は12日に東海大学医学部付属病院を訪れ、医療設備や看護師の仕事内容について説明を受けました。13日には湘南キャンパスで武道館や松前記念館を見学した後、本学を訪問。望月学科主任が日本の看護教育制度や本学のカリキュラムについて解説しました。昼食後は、各実習室で本学の教員と学生による「看護技術教育」の演習体験に参加したほか、「在宅看護学」では学生たちによる英語劇で在宅看護の流れを紹介。一般家庭を訪問する際の注意事項や、家族へのケアなどを説明しました。「母子看護学」では、妊婦体験ジャケットを身につけて学内を歩き、お腹の重さや動きにくさを体験。「小児看護学」ではベビー人形を用いて、安全な抱き方やミルクの飲ませ方を学びました。研修生らはデンマークと異なる演習の数々に興味を持ち、患者さんとのかかわり方や普段の授業の様子について学生や教職員に質問していました。

医短デンマーク研修団 (1)

その後は、研修生たちが自国の文化やカレッジの授業内容などについてプレゼンテーションし、学生や教職員と懇談しました。学生からは、「昨年のデンマーク看護研修に参加し、とてもいい国だと感じたので、今回研修生の皆さんと交流できてうれしかった」「同じ看護学でも、日本とデンマークでは授業内容や学習の設備が異なる点が多く驚きました」といった感想が聞かれました。医短デンマーク研修団 (3)

MOVIE

SMART NURSING+