2017年度デンマーク看護研修通信①

2017年度デンマーク看護研修通信①

2017年8月14日に成田を出発し、研修団一行はコペンハーゲンに無事到着しました。

20170823デンマーク通信写真(文書内抜取り)「フレデリスク病院」の見学、「デンマーク看護協会」「ハインスゴーン介護センター」「デンマーク医師会」で講義を受け、デンマーク医療福祉介護の現状について学びました。その他「クロアロッチ国民高等学校」「森の幼稚園」を訪問し、特に、森の幼稚園では、先生の園児の自主性を伸ばすよう見守る様子に感銘を受けました。

また、東海大学ヨーロッパ学術センターの職員のヤコブ氏から、デンマーク社会の実際について講義を受け、デンマークで税金を支払い、福祉サービス、医療サービスを受け生活することと、そのメリット・デメリットを聞き、より深くデンマークの実際を知ることができました。

20170823デンマーク通信写真3image1金曜日は、学術センターが主催するバーベキューが行われました。我々は、サラダを作り、また習字・折り紙・切り紙・あやとりのブースを設け、東海大学同窓会のデンマーク支部の方やコペンハーゲン大学日本語学科の学生、コペンハーゲン地区の研修でお世話になった方々と交流しました。

自由研修は全員で、シェークスピアの「ハムレット」の舞台となった世界遺産のクロンボー城を見学しました。

このようにあっという間の1週間を過ごしました。来週はシルケボーへ移動し、看護大学の学生たちと交流します。

次週も研修の様子をお伝えします。

2017年8月20日 研修団団長 新村直子

私たちは、東海大学ヨーロッパ学術センターで自炊をしながら1週間生活しました。慣れない環境で生活することは大変なこともありましたが、みんなで試行錯誤を繰り返しながら充実した生活を送ることができました。

研修では、介護施設を見学しました。デンマークの介護施設では、ひとりひとりが自分の部屋で生活していました。そのため自分で家具を持ち込んだり、郵便ポストが設置されていました。また認知症の人でも1人でも安心して自然と触れ合えるように、安全に配慮された広い中庭がありました。さらに全ての部屋にリフトがついていて驚きました。

デンマークでは高齢者が自立した生活を送れることが基本とされているため様々な工夫があり、入居者もストレスなく楽しそうに過ごしているのが印象的でした。

看護学科1年 M.Y

20170823デンマーク通信写真2image1フレデリクス病院では、以前日本の病院で働いていた日本人の看護師の方に、日本とデンマークの病院の違いを比較しながら講義をしていただきました。比較を聴いて特に、患者に対する看護師の数が多いことと、看護師同士が先輩後輩に関わらず、ディスカッションを行い、いい関係を築き働いていることに関心をもちました。

来週からはデンマークの看護学校の研修が始まります。今までの研修で学んだことを意識しながら日本との違いや日本に取り入れた方がいい事などを考えながら学んでいきたいと思います。

看護学科1年I.A

20170823デンマーク通信写真1image1
デンマークに来て1週間、日本との違いが沢山ありました。病院訪問では、日本では当たり前になっている看護師のマスクの着用、ナースシューズの着用もデンマークでは強制ではないことに驚きました。森の幼稚園訪問では、園児達のアクティブさに驚きを隠せませんでした。転んでもたいしたことでなければ泣かない強い子供達が多かったです。オフィスでは、仕事部屋の扉は、ミーティング以外は閉めないという違いがありました。

残りの研修でも、日本との違いを沢山見つけて帰りたいと思います。

看護学科1年I.M

MOVIE

SMART NURSING+

資料請求



100-101   , CBAP   , 400-201   , C_TADM51_731   , CRISC   , 70-981   , 70-486   , 70-243   , 1Z0-803   , 070-487   , 70-178   , AWS-SYSOPS   , 712-50   , MB5-705   , 712-50   , CISM   , 000-089   , 70-347   , 400-051   , 352-001   , 70-410   , CAS-002   , 070-483   , IIA-CIA-PART1   , 9L0-066   , C_TFIN52_66   , 300-320   , 070-487   , 9L0-066   , PEGACPBA71V1   , 70-981   , 9L0-012   , AX0-100   , 70-177   , 70-483   , VCP550D   , 1Z0-434   , PR000041   , JK0-022   , 1Z0-144   , ITILFND   , 220-802   , 70-680   , AND-401   , 1Z0-808   , 070-487   , JN0-343   , 210-065   , 156-215-77   , 101-400   , JN0-332   , 70-480   , 1Z0-068   , 70-412   , 101-400   , 2V0-621D   , C_TERP10_66   , 70-347   , 640-875   , 000-080   , 70-410   , CISM   , C_TFIN52_66   , 350-018   , 100-101   , 700-260   , 1Z0-060   , 200-310   , 70-412   , MB6-702   , JN0-343   , 1Z0-060   , C_TAW12_731   , 300-320   , API-580   , 70-981   , 70-532   , 599-01   , 220-901   , 350-029   , 1Z0-060   , 70-533   , 74-678   , 300-320   , 70-980   , AND-401   , 1V0-603   , 70-332   , PMI-001   , 300-208   , 70-178   , 70-177   , 640-875   , C2010-595   , 642-997   , 712-50   , AWS-SYSOPS   , MB6-703   , 070-466   , 70-697   , 70-533   , LX0-104   , C_HANATEC151   , 70-466   , 300-075   , MB6-702   , API-571   , 000-104   , 1Z0-470   , JK0-022   , 70-463   , M70-101   , 70-466   , OG0-093   , 000-089   , 070-487   , C_TAW12_731   , IIA-CIA-PART2   , 102-400   , SY0-401   , AND-401   , 70-346   , 640-875   , 70-461   , 1Z0-068   , 300-115   , 400-201   , HP0-S42   , MB2-704   , 70-534   , 200-120   , 70-346   , 1V0-603   , 70-413   , N10-006   , JN0-102   , JN0-343   , 300-135   , 70-177   , 70-981   , 1Z0-809   , MB5-705   , 102-400   , 700-260   , 70-246   , 70-463   , 70-243   , 101    | 74-335    | CISSP    | 70-243    | 1Y0-201    | 1Z0-051    | MB6-702    | 700-501    | 98-349    | 70-467    | 1Z0-052    | 98-368    | 70-414    | 220-801    | 810-401    | 70-463    | C2210-422    | 700-801    | AWS-SysOps    | 350-018    | 70-462    | CAS-002    | 220-801    | HP0-J73    | NS0-157    | CWSP-205    | 70-332    | E10-002    | MB2-700    | 1Z0-144    | C4040-251    | 3002    | DEV-501    | MB6-702    | MB7-701    | 312-49v8    | 1z0-432    | 9L0-422    | 400-051    | 98-364    |