医学部付属病院で働く卒業生が看護師国家試験の受験対策を語りました

医学部付属病院で働く卒業生が看護師国家試験の受験対策を語りました

卒業生講演 (2)

12月17日に本学で3年生を対象に、卒業生による看護師国家試験の受験対策講演会を行いました。来年2月17日に行われる第108回看護師国家試験に向けて、勉強方法や心構えを学んでもらおうと実施したものです。当日は、昨年度に本学を卒業し、現在東海大学医学部付属病院に勤務している佐々木真奈さんと津田百花さんが、国家試験受験の経験談を語りました。

 

 

 

卒業生講演 (1)

 

 

佐々木さんは、試験直前の追い込みについて、「今得意だと感じる分野は本番でも問題を解けると思うので、最後は苦手な分野の過去問題をたくさん解くといいと思います。私は学生時代、大学の図書室にあるさまざまな問題集を活用しました」と経験談を披露。津田さんも、「国家試験の問題集は、出版社によって答えは同じでも問題文の文章が異なります。少しでも多く目を通しておくと、本番で焦らず解くことができます」と語りました。また、2人は国家試験前日の心構えや、試験会場での注意点なども紹介。最後に、「今の時期は不安な気持ちでいっぱいだと思いますが、今まで勉強してきたことを自信に頑張ってください」とエールを送りました。

MOVIE