卒業生が看護師国家試験の受験対策を3年生に語りました

卒業生が看護師国家試験の受験対策を3年生に語りました

国試体験報告112月19日に本学講堂で、卒業生が看護師国家試験の受験対策を3年生に語りました。来年2月18日に行われる第107回看護師国家試験に向けて、勉強方法や心構えを学んでもらおうと実施したものです。当日は、昨年度に本学を卒業した安藤さん(東海大学医学部付属病院勤務)と、後藤さん(同八王子病院勤務)が、それぞれの経験を紹介しました。

安藤さんは、「間違えやすい部分だけをノートに整理して苦手を克服しました。友人と勉強する際には、わからないことを言葉に出して教え合うことで理解が深まります」とアドバイス。後藤さんは、「一冊の問題集を繰り返し解くことで理解を深めました。試験中は、わからない問題があってもあせらずに、『他の問題はできている』と前向きに考えることも大切です」と指摘しました。そのほか、年末年始の過ごし方や、前日と当日の心構えなどについてもそれぞれの経験を踏まえて語り、「気持ちを落ち着けて自分のペースを守ることが大切。協力し合って全員合格を目指してください」とエールを送りました。国試体験報告2

 

学生たちは、「効果的なノートの作成方法など、具体的な学習方法を学べてよかった。さっそく実行します」「試験会場近くのホテルの予約や会場内の環境といった勉強以外の留意点まで教えていただき参考になりました。試験まで全力を尽くしたい」などと意欲を見せていました。

MOVIE