2017年度デンマーク看護研修通信②

2017年度デンマーク看護研修通信②

デンマーク研修の後半は、ユトランド半島へ移動し、VIAユニバーシティカレッジの連携施設を見学し、教員および学生たちと交流しました。

VIAユニバーシティカレッジ・シルケボー校では、デンマークの看護教育について学びました。学生のプレゼンテーションでは、日本の看護教育や社会福祉制度、祭りなどの日本文化について発表しました。20170829デンマーク通信写真1(文書内抜取り)VIAユニバーシティカレッジ・ホーセンス校では、最新のモデル人形を使用した演習の見学および、看護技術を体験しました。どの見学先でも、最先端技術を駆使した設備が整っており、学生たちは大きな刺激をうけました。

講義以外にも様々な交流をしました。看護学部の先生宅の夕食に招かれたり、学生交流会では学生同士でゲームなどをしました。サンクスパーティーでは、学生はダンスを披露し、先生方とも一緒に踊るなど、デンマークの皆様と深く触れ合うことができました。帰国前には、コペンハーゲンに戻り自由時間を過ごしました。

多くの方々に支えられ、このような素晴らしい研修ができましたことを感謝いたします。

研修団団長 新村直子

 

20170829デンマーク通信写真4(文書内抜取り)

私が2週間の研修を終えて特に印象に残っていることは、シルケボー病院で集中治療室を見学したことです。薬の効果を調べるためにiPadで患者の状態を撮影したり、ベットごと起き上がらせて歯磨きを行なったり、また集中治療室が個室になっていることも驚きました。その他にもデンマークは入院期間が平均して短く、1日から2日で退院する人が大半を占めています。このように日本と大きく違うデンマークの医療制度について学ぶことができた良い研修であったと思います。

看護学科1年U.S

 

 

20170829デンマーク通信写真2(文書内抜取り)

 

デンマークに来て、二週間が経ちましたVIAユニバーシティカレッジ・ホーセンス看護学部の訪問では、デンマークの看護学生に説明を受けながら、6つの演習を行いました。その中でも、点滴を作ったことが印象に残っています。また、看護学生や先生方との交流を通して看護に対する考え方を知ることが出来ました。研修が終わったら、デンマークで学んだことを生かして頑張っていきたいです。

看護学科1年 N.E

 

20170829デンマーク通信写真3(文書内抜取り)

 

 

デンマークの看護学校の演習室は、病院に近い環境で演習ができるように病院と同じような機械が置いてあったり、薬品庫やリネン室も再現されていました。また、学生交流会やサンクスパーティーでは、ゲームやダンスをして、お世話になった方々と楽しく交流することができました。もうすぐ2週間の研修も終わります。デンマークで学んだことを友達や先生に早く話したいです。また、この研修に参加したことで、看護についての考え方が豊かになった気がします。

看護学科 1年 S.S

MOVIE

SMART NURSING+

資料請求



100-101   , CBAP   , 400-201   , C_TADM51_731   , CRISC   , 70-981   , 70-486   , 70-243   , 1Z0-803   , 070-487   , 70-178   , AWS-SYSOPS   , 712-50   , MB5-705   , 712-50   , CISM   , 000-089   , 70-347   , 400-051   , 352-001   , 70-410   , CAS-002   , 070-483   , IIA-CIA-PART1   , 9L0-066   , C_TFIN52_66   , 300-320   , 070-487   , 9L0-066   , PEGACPBA71V1   , 70-981   , 9L0-012   , AX0-100   , 70-177   , 70-483   , VCP550D   , 1Z0-434   , PR000041   , JK0-022   , 1Z0-144   , ITILFND   , 220-802   , 70-680   , AND-401   , 1Z0-808   , 070-487   , JN0-343   , 210-065   , 156-215-77   , 101-400   , JN0-332   , 70-480   , 1Z0-068   , 70-412   , 101-400   , 2V0-621D   , C_TERP10_66   , 70-347   , 640-875   , 000-080   , 70-410   , CISM   , C_TFIN52_66   , 350-018   , 100-101   , 700-260   , 1Z0-060   , 200-310   , 70-412   , MB6-702   , JN0-343   , 1Z0-060   , C_TAW12_731   , 300-320   , API-580   , 70-981   , 70-532   , 599-01   , 220-901   , 350-029   , 1Z0-060   , 70-533   , 74-678   , 300-320   , 70-980   , AND-401   , 1V0-603   , 70-332   , PMI-001   , 300-208   , 70-178   , 70-177   , 640-875   , C2010-595   , 642-997   , 712-50   , AWS-SYSOPS   , MB6-703   , 070-466   , 70-697   , 70-533   , LX0-104   , C_HANATEC151   , 70-466   , 300-075   , MB6-702   , API-571   , 000-104   , 1Z0-470   , JK0-022   , 70-463   , M70-101   , 70-466   , OG0-093   , 000-089   , 070-487   , C_TAW12_731   , IIA-CIA-PART2   , 102-400   , SY0-401   , AND-401   , 70-346   , 640-875   , 70-461   , 1Z0-068   , 300-115   , 400-201   , HP0-S42   , MB2-704   , 70-534   , 200-120   , 70-346   , 1V0-603   , 70-413   , N10-006   , JN0-102   , JN0-343   , 300-135   , 70-177   , 70-981   , 1Z0-809   , MB5-705   , 102-400   , 700-260   , 70-246   , 70-463   , 70-243   , 101    | 74-335    | CISSP    | 70-243    | 1Y0-201    | 1Z0-051    | MB6-702    | 700-501    | 98-349    | 70-467    | 1Z0-052    | 98-368    | 70-414    | 220-801    | 810-401    | 70-463    | C2210-422    | 700-801    | AWS-SysOps    | 350-018    | 70-462    | CAS-002    | 220-801    | HP0-J73    | NS0-157    | CWSP-205    | 70-332    | E10-002    | MB2-700    | 1Z0-144    | C4040-251    | 3002    | DEV-501    | MB6-702    | MB7-701    | 312-49v8    | 1z0-432    | 9L0-422    | 400-051    | 98-364    |