キャンパス・学生サポート

 学生サポート

学生サポート

学生の自立や成長を促す支援体制が充実

医療技術短期大学は、キャンパスライフをより豊かにするために、学内はもとより東海大学との連携により、多様なネットワーク体制を整備しており、それぞれのスタッフが相談や指導にあたっています。

【心身の健康支援】

<健康推進室>

みなさんが自ら心身の健康を維持、増進し、楽しい学生生活を過ごせるよう側面から支援するための施設として、医療技術短期大学健康推進室と東海大学湘南健康推進センターとの連携により、定期健康診断をはじめ、健康相談及び指導、健康教育、応急処置などを行っています。

医療技術短期大学健康推進室と東海大学湘南健康推進センターの連携

  1. 健康関連行事への参加
    1. アルコール、エイズ、食事などについての健康教育とその情報提供
    2. 救急講習会
  2. 健康相談など。

【修学・進路に関する支援】

医療技術短期大学は、指導教員制度を設け、修学上の教育支援をはじめ、学生生活や進路選択に関して指導・助言を行っています。

1. 履修計画及び履修方法についての指導・助言

2. 成績についての指導・助言

3. 進路についての指導・助言

4. 学費延納、休学、復学及び退学等に関する相談及び保証人等への連絡

5. 各種変更届及び各種手続きについての指導・助言

6. 各種奨学金、学資ローンについての指導・助言

7. その他学修上についての指導・助言

【障がいのある学生への支援】

医療技術短期大学は、創設以来、教育理念の一つの柱として、教育の機会均等を掲げてきました。
本学は、建学の精神及びその教育理念に基づいて、本学に在籍する学生に対し、障がいの有無に由来する直接的、間接的差別の解消に努めます。

合理的配慮の提供

本学は、障がいのある学生から、社会的障壁の除去を必要とする意思の表明があった場合、その実施に伴う負担が荷重でない範囲において、意思表示者の権利利益の侵害とならないよう、適切な合理的配慮の提供に努めます。ただし、教育目標を変更して合理的配慮を提供することはありません。

障がいのある学生への修学支援の流れ

①学生及び保護者:合理的配慮支援申請を行う
⇒相談窓口:指導教員・健康推進室・事務室

②配慮申請支援方針の協議・支援提供案の決定(関係部署委員)

③支援提供案を申請学生及び保護者へ提示し、配慮申請によって可能になる支援・可能にならない支援を説明する

④配慮申請学生及び保護者と大学間で調整を行い支援について合意する

⑤配慮・支援の実施

 学生サポート