3年制短期大学の魅力

3年制短期大学の魅力

4大比較編

 

東海大学医療技術短期大学を略して“医短”と呼んでいます。

最近、4年制大学看護学部(科)が急増しています。一方で、3年制短期大学看護学部(科)は、4年制大学に移行したり、募集停止が相次いでいます。

このような中、みなさんは「看護師になるには4年制大学の方が有利では・・・」と思っていませんか?

短期大学は、3年間で短期大学士の学位を取得でき、看護師国家試験の受験資格が得られ、4年間かけなくても3年間で看護師になることができます。大学・短期大学・専門学校、それぞれの利点と欠点を把握して、自分の将来を考えて、どこに進学するかを選択しましょう。

 

看護師になる一般的な道筋は、高等学校を卒業して3年間の教育を受けることです。国は看護師になるための授業科目や単位数を決めていて、それをどのように組み立てて、教育するかが学校によって違っています。そして、大学・短期大学・専門学校のいずれかを卒業し合格すれば、看護師国家資格免許が受けられるのです。

 

<3年制短期大学“医短”の魅力>

【教養科目】

大学と短期大学では、卒業するために必要な教養科目の単位数が違います。しかし、医短では教養科目を数多く開設していることが大きな特徴です。カリキュラムでは、、卒業するために必要な教養科目の単位数は19単位ですが、開講している単位数は32単位あり、全て履修可能です。学ぶ意欲があれば、大学以上の教養を身につけることができます。

【医短、最短、看護師の道】

高等学校の同級生が看護師になるために大学に進学した場合と、短期大学に進学した場合の3年後を想像してみてください。短期大学の場合はすでに卒業し、就職1年目で看護師になっています。けれども、大学の場合は、4年生で学費を支払っています。

看護師として働く場合、大学・短期大学・専門学校での学歴の差はありません。自分のキャリアアップは、自分の努力次第です。よって、「看護師」になることを目指しているのであれば、最短の道を目指し、看護師として早く就業し、より多くの知識・技術を身につけることこそ、「プロの看護師」になる近道なのです。

 

みなさん、医短で学び、3年間という最短の期間で看護師を目指しましょう。

 

 

看護学科について            看護職について            卒業後について

看護師=医短     3年の価値編    看護師=未来

 

入試要項         ★入試日程

 3年制短期大学の魅力



100-101   , CBAP   , 400-201   , C_TADM51_731   , CRISC   , 70-981   , 70-486   , 70-243   , 1Z0-803   , 070-487   , 70-178   , AWS-SYSOPS   , 712-50   , MB5-705   , 712-50   , CISM   , 000-089   , 70-347   , 400-051   , 352-001   , 70-410   , CAS-002   , 070-483   , IIA-CIA-PART1   , 9L0-066   , C_TFIN52_66   , 300-320   , 070-487   , 9L0-066   , PEGACPBA71V1   , 70-981   , 9L0-012   , AX0-100   , 70-177   , 70-483   , VCP550D   , 1Z0-434   , PR000041   , JK0-022   , 1Z0-144   , ITILFND   , 220-802   , 70-680   , AND-401   , 1Z0-808   , 070-487   , JN0-343   , 210-065   , 156-215-77   , 101-400   , JN0-332   , 70-480   , 1Z0-068   , 70-412   , 101-400   , 2V0-621D   , C_TERP10_66   , 70-347   , 640-875   , 000-080   , 70-410   , CISM   , C_TFIN52_66   , 350-018   , 100-101   , 700-260   , 1Z0-060   , 200-310   , 70-412   , MB6-702   , JN0-343   , 1Z0-060   , C_TAW12_731   , 300-320   , API-580   , 70-981   , 70-532   , 599-01   , 220-901   , 350-029   , 1Z0-060   , 70-533   , 74-678   , 300-320   , 70-980   , AND-401   , 1V0-603   , 70-332   , PMI-001   , 300-208   , 70-178   , 70-177   , 640-875   , C2010-595   , 642-997   , 712-50   , AWS-SYSOPS   , MB6-703   , 070-466   , 70-697   , 70-533   , LX0-104   , C_HANATEC151   , 70-466   , 300-075   , MB6-702   , API-571   , 000-104   , 1Z0-470   , JK0-022   , 70-463   , M70-101   , 70-466   , OG0-093   , 000-089   , 070-487   , C_TAW12_731   , IIA-CIA-PART2   , 102-400   , SY0-401   , AND-401   , 70-346   , 640-875   , 70-461   , 1Z0-068   , 300-115   , 400-201   , HP0-S42   , MB2-704   , 70-534   , 200-120   , 70-346   , 1V0-603   , 70-413   , N10-006   , JN0-102   , JN0-343   , 300-135   , 70-177   , 70-981   , 1Z0-809   , MB5-705   , 102-400   , 700-260   , 70-246   , 70-463   , 70-243   , 101    | 74-335    | CISSP    | 70-243    | 1Y0-201    | 1Z0-051    | MB6-702    | 700-501    | 98-349    | 70-467    | 1Z0-052    | 98-368    | 70-414    | 220-801    | 810-401    | 70-463    | C2210-422    | 700-801    | AWS-SysOps    | 350-018    | 70-462    | CAS-002    | 220-801    | HP0-J73    | NS0-157    | CWSP-205    | 70-332    | E10-002    | MB2-700    | 1Z0-144    | C4040-251    | 3002    | DEV-501    | MB6-702    | MB7-701    | 312-49v8    | 1z0-432    | 9L0-422    | 400-051    | 98-364    |