座波 ゆかり

教員紹介

  • 基本情報
  • 著書・学術論文

講師: 座波 ゆかり

学歴: 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻助産学分野修士課程
学位: 修士(助産学)
専門分野: 母性看護学
担当科目: 母性臨床看護Ⅱ
母性看護学実習
基礎看護学実習Ⅱ
教員からの声:

看護師は、「いのち」を大切に思う誠実な心がとても大切だと思います。

人の「いのち」も自分の「いのち」も、どちらも大切にできる看護師になってほしいと願います。

本学での3年間の学びの日々は、とても厳しいものですが、「看護を学ぶ学生」としての自覚と責任をもち、へこたれない強い気持ちで一緒に頑張っていきましょう。

講師: 座波 ゆかり


【学術論文】

  • 座波ゆかり、山崎育美:白内障手術におけるアロマテラピー導入効果 ~リラクゼーションと血圧上昇予防~,東海大学病院看護部 看護研究収録,6~8,第2号,2003
  • 座波ゆかり、斉藤ひさ子:産後6~8週における母親のQOLの実態と妊娠期の首尾一貫感覚(SOC)および産褥期うつ病傾向との関連性、母性衛生、191-199、2019
  • 座波ゆかり:産後6~8週の母親のストレスや日常生活の変化と産後うつ病傾向との関連.いのちの教育.vol.4,No1.17-26、2019

【学会発表】

  • 座波ゆかり:育児期における母親の実態と妊娠期の首尾一貫感覚(SOC)および産後うつ病傾向との関連性、第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会、2015
  • 座波ゆかり:産後6~8週の母親のストレスや日常生活の変化と産後うつ病傾向との関連、第33回日本助産学会学術集会、2019
  • 座波ゆかり、大坪万美:和痛分娩を選択する妊婦の想いに影響する要因:1 事例からの検討、第33回日本助産学会学術集会、2019

 座波 ゆかり