保護者の皆様

保護者の皆様

本学は、人間として、看護師として、優れた人材を育成するため教職員・スタッフが総力をあげた教育が特長です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2年生の基礎看護学実習Ⅱの臨床実習実施について(ご連絡)>

                                          2021年 2月 5日
2年生の保護者の皆さま
                                       東海大学医療技術短期大学
                                        学長 沓澤 智子

            2年生の基礎看護学実習Ⅱの臨床実習実施について(ご連絡)

  1月から発出された緊急事態宣言が延長され、新型コロナウイルス感染症の感染拡大がいまだ止まらない状況が続いております。保護者の皆さまにおかれましても日々感染予防対策に取り組んでいただいていることと思います。
 このような中ではありますが、2年生の基礎看護学実習Ⅱを2/15(月)から2月26日(金)の期間で実施する方針といたしました。
 本学学生の実習を実施するにあたっては、実習病院からの許可が必要となります。緊急事態宣言下でもあり、本来ならば実習の許可をいただくのは非常に難しい状況でしたが、東海大学医学部付属病院(伊勢原)、東海大学医学部付属大磯病院(以下病院と略します)の関連諸会議でも検討していただき、閉学を控えております本学の事情も考慮し、実習受入れ許可をいただくこととなりました。
 国内の多くの看護師養成機関では実習場所がなく、大変苦慮しながら看護教育を実践していることを聞き及んでおりますが、幸いにも本学は病院の協力が得られ、臨床で実施するからこそ得られる貴重な学びの機会をいただけることになりました。
 つきましては、保護者の皆さまがご懸念されると思われる内容について、以下にまとめましたので、ご一読ください。

① 病院実習においては、新型コロナウイルス感染症の陽性患者さんに関わることはありません。
 現在、病院におきましては、入院時にすべての患者さんに対して新型コロナウイルスの検査(抗原検査またはPCR検査)を実施しているとのことです。陽性および感染が疑われる患者さんは、専門の病棟で入院管理されるとのことですので、患者さんと学生との接触、またはコロナ専門病棟の医療スタッフと学生との接触がないように調整がなされております。

② 実習途中で、学生本人・同居家族の体調不良などがあり、実習ができなかった場合には、追実習の機会をつくり、不利益にならないよう対応いたします。

③ 学生へは、日常生活を含め実習2週間前から実習中、実習終了後2週間の期間中の行動について厳しく遵守事項を定めています。 
 自分自身、グループメンバー、患者さん、その他実習に関わる全ての人を守り、そして自身のご家族を守るための行動について、ガイダンスおよび今後の実習指導を通して指導を徹底いたします。また、これらを通して、医療従事者としてふさわしい倫理観をもち、自律した責任ある行動がとれるよう、専門職業人としての成長も育んでいきたいと考えます。

④ 家庭内感染防止にも努めてほしいことを指導しています。(以下の内容について学生に伝えております)
 ①家庭内でも出来るだけマスクを着用する。
 ②食事は出来る範囲で時間をずらす、別のテーブルで食事をする、大皿ではなく個々のお皿に盛りつけるなど。
 ③室内は定期的に換気をする。
 ④家族がよく触れる場所(ドアノブや電気のスイッチなど)はアルコールで拭き掃除をする。

 保護者の皆さまにおかれましては、ご心配なお気持ちがあることと存じますが、万全の感染対策を講じながら実習を進めていきますので、実習に関してのご質問や、何かお困りのことなどありましたら、ご遠慮なく事務室学生相談窓口および学科主任までご連絡ください。ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 学生相談窓口連絡先:0463-50-1121 医療短大事務室直通(担当:冨田・寺村・中村)

ニューストピックス
ニュース2020.06.01
【まとめ】「新型コロナウイルス感染症」への本学の対応につ・・・
トピック2020.12.18
年末年始の事務室窓口業務について
ニュース2020.11.27
山口教授が文部科学省の「短期大学教育功労者表彰」に選出さ・・・
トピック2020.08.31
【学生の皆様】遠隔授業支援金の対象期間延長のご案内
ニュース2020.08.11
2020年度「飛鴎祭」の中止について
トピック2020.08.06
【保護者の皆様】2020年度 保護者面談の実施について(・・・

 保護者の皆様