大学案内

 教育理念

東海大学医療技術短期大学の教育理念

建学の精神に基づき、東海大学医療技術短期大学(以下「本学」という)は、生命尊重の人間観、歴史観、世界観の確立による「人間愛」を根底とする看護観を育み、その信念と行動によって人類の平和に貢献できる人材を育成することを本学の教育理念としています。

教育方針

本学は、1974年開学時に示された創立者松前重義の「温かい看護のできる人間性豊かな看護師を育てる」を教育の方針としています。

教育目的

教育基本法及び学校教育法に則り、人道に根ざした深い教養を持つ社会人並びに医学医療の進歩に適応する高い専門知識と技術を持ち、生命尊重の人間観、人生観、社会観とその使命感を有する視野の広い医療技術者を育成することを目的とする。

教育目標

  1. 人間愛を深め、生命の尊厳と人間性の尊重を基調とし、調和の取れた社会人としての成長をめざす。
  2. 看護に関する理論および技術を学び、看護実践の基礎能力を身につける。
  3. 主体的に学修を継続し、問題意識を持って探求する姿勢を身につける。
  4. 保健医療福祉における看護の機能と社会的役割を認識する。
  5. 保健医療福祉の中で生じる問題を理解し、倫理的に対処する能力を身につける。
  6. 関連諸科学を統合して人間理解を深め、看護観の確立をめざす。

 教育理念