ポリシー

 3つのポリシー

アドミッションポリシー (入学者受入れの方針)

1.本学での学修に対応できる学力を有している者

・文章表現ができる

・論理的思考ができる

2.学園の建学の精神を理解し、本学の教育理念に共鳴する者

3.看護に関心があり将来看護師を希望する者

4.規則正しい生活習慣を心がけている者

5.他の人に関心を向け、コミュニケーションをとることができる者

6.自分や他の人を尊重した行動がとれる者

7.自分を振り返り、自らを成長させようとする者

8.目標達成のために情熱をもって主体的に学び続ける者

9.様々な体験から学び、困難に立ち向かう姿勢がある者

 

カリキュラムポリシー (教育課程編成・実施の方針)

東海大学医療技術短期大学では、その教育理念に基づき、教育基本法及び学校教育法に則り、人道に根ざした深い教養を持つ社会人ならびに医学医療の進歩に適応する高い専門知識と技術を持ち、視野の広い医療技術者(看護師)を育成するために以下のようにカリキュラムを編成します。

  1. 学園の建学の精神を具体的に学ぶ科目として現代文明論を位置づけ、カリキュラムの中核に据える。
  2. 深い教養と広く多様な学習能力を獲得するために、基礎教育科目を位置づける。
  3. 専門的な知識・技術を体系的に学ぶために、専門基礎分野から専門分野Ⅰ、Ⅱ、そして統合分野へと段階的に学修できるよう科目を設置する。
  4. 主体的に問題意識をもちながら学修できるよう参加型の授業方法を取り入れる。
  5. 実習・演習は少人数編成とし、一人ひとりの学生の個性を尊重した教育を実施する。

 

カリキュラムデザイン
カリキュラムデザイン

ディプロマポリシー (卒業認定・学位授与の方針)

東海大学の建学の精神および東海大学医療技術短期大学の教育目的、教育目標に則り、本学の課程を修め、幅広い教養を修得し、看護実践能力および下記の力を身につけた者に対し、短期大学士(看護学)の学位を授与いたします。

 

1.人間の生命と尊厳および権利を尊重した行動がとれる。

2.自律した一人の人間として、社会や他者へ責任のある行動がとれる。

3.その人らしい生活を整える視点を持つことができる。

4.科学的根拠に基づいた知識及び技術を用いて、対象にあった看護を計画的に提供できる。

5.問題意識を持ち、学び続けることができる。

6.保健医療福祉チームの一員として看護の役割を自覚し、主体的に行動できる。

7.社会の変化に伴って生じる保健医療福祉の問題に関心をむけ、倫理的課題への感受性を高め、責任ある行動がとれる。

8.幅広い視点から対象を理解し、経験を統合して自分のめざす看護が述べられる。

 

 3つのポリシー