大学案内

 車両通学に関する規則

東海大学医療技術短期大学学生の車両通学に関する規則

(制定 2005年9月20日)

 

(目的)

第1条 この規則は,研究・教育にふさわしい学園環境を維持するため,東海大学医療技術短期大学に在籍する学生の車両通学の方法を定め,学生による交通災害の防止と地域住民の生活環境の保全を図ることを目的とする。

(学生の通学・車両通学の許可)

第2条 学生の通学は,原則として,徒歩及び電車,バス等の公共交通機関又は自転車によるものとする。ただし,本学に車両で通学しようとする学生は,所定の車両通学許可願(以下「許可願」という。)を提出し,車両通学許可証(以下「許可証」という。)の交付を受けなければならない。

(車両の定義)

第3条 この規則における車両とは,公共交通機関以外の,通学に使用する車両であって人員を運ぶ目的の自動車(自動四輪車・自動三輪車)及び自動二輪車(自動二輪車,原動機付自転車)をいう。

(許可条件)

第4条 許可証の交付を受ける学生は,原則として以下の条件を全て満たしていなければならない。

(1) 保証人(父母又はこれに代わる者)の同意のある者

(2) 任意保険(対人)に加入している者

(3) 通学に使用する車両の所有名義人は,本人又は家族であること

(4) 車両通学は本人現住所と本学の区間に限ること

(5) この規則の違反等により,許可の取り消し又は懲戒されていない者

ただし,身体障害者及び学生団体等で,大学が特に必要と認めた場合は,この許可条件の各号について適用を除外することがある。

(駐車場)

第5条 自動車については,本学周辺2km以内にある民間の駐車場(ただし,居住地の駐車場を除く。)と駐車契約をしなければならない。

2 自動二輪車は二輪車専用駐車場及び大学指定の場所に駐車しなければならない(駐車台数に制限があるため,駐車できない場合がある。)

3 自転車は構内の所定の駐輪場に駐車しなければならない。

(許可申請)

第6条 車両通学を希望する学生は,運転免許証,自動車検査証(自動二輪車(250cc以下)の場合は自賠責保険証明書),任意保険証及び自動車の場合は前条に定める駐車場契約書をそれぞれ提示するとともに誓約書を添えて許可願を事務室に提出しなければならない。

(申請手数料)

第7条 許可申請手続きの際に,所定の申請手数料を事務室に納めなければならない。

第8条 許可申請の手続きは,毎年度4月及び5月を除き,随時受け付けるものとする。なお,毎年4月,5月の受付は,別に期間を定め,その日程を掲示する。

(有効期間及び自動車等の変更)

第9条 許可証の有効期間は,許可証の交付を受けた日から翌年度5月31日迄とし,継続する場合は,毎年5月末日迄の定められた期間に更新手続きを行い,許可証の交付を受けなければならない(更新手続も許可申請手続と同じ)。

第10条 車両を変更したとき及び許可申請の際に提出した書類の記載内容に変更があった場合は,その都度事務室に届け出て必要な措置を受けなければならない。

(事故等の責任)

第11条 事故及び盗難が生じた場合は,本人が一切の責任を負うものとする。本学は一切の責任を負わない。

(許可証の再交付)

第12条 許可証を汚損又は滅失した場合は,事務室に届け出て再交付を受けることができる。この場合,所定の手数料を事務室に納めなければならない。

(許可証の返却)

第13条 車両による通学を取り止めた者又は退学,除籍及び卒業した者はただちに許可証を返却しなければならない。

(許可証の明示)

第14条 交付を受けた許可証は,次のとおりそれぞれ,外部から確認のできる箇所に貼付しなければならない。

(1) 自動車の場合は常時自動車後部ガラス窓に運転者の視野を妨げない範囲に貼付する。

(2) 自動二輪車の場合は燃料タンクの右外側に貼付する。

(許可証の確認)

第15条 本学は許可証の貼付状態,運転免許証の携帯,駐車の状況等について適宜確認を行い必要な指示を運転者に与える。

(駐車及び走行の規則)

第16条 車両で通学する者は,次の号に掲げた行為を禁ずる。

(1) 本学の許可を受けずに,通学に車両を使用すること。

(2) 消音装置の不完全な車両及び改造した車両を使用すること。

(3) 駐車場及び本学指定の場所以外に駐車すること。

(4) 制限速度を超えて走行すること。

(5) 車両のスタート時又は走行中,必要以上にエンジン音を響かせて授業及び周辺住民の生活などを妨害するおそれのある行為をすること。

(運転者の遵守事項)

第17条 運転者は,道路交通法を遵守しなければならない。

(違反車の撤去・許可の取消し)

第18条 本学は,この規則に違反した車両を強制撤去することができる。

2 前項の措置により生じた車体の損傷及び撤去費用は,違反した車両側で負担するものとする。

(違反者に対する処分)

第19条 この規則に定める諸事項に違反し,又,本学の指示あるいは警告を無視した学生には車両による通学を禁止し,また,特に悪質な場合は,懲戒することがある。

(安全教育の実施)

第20条 車両による通学を許可された学生は,東海大学の主催する安全運転講習会などに出席して,常に安全運転に努めなければならない。

付 則

この規則は,2005年9月20日から施行する。

 

 

別紙

 

申請手数料

金  額

備   考

500円

 

 

 車両通学に関する規則